無線LAN子機 TP-Link AC1900を使ってみた

パソコンを移動したらWi-Fiが繋がりにくくなった。そんな経験ありませんか?
先日、1階に置いてあったパソコンを2階に引っ越ししました。すると、1階では繋がっていたはずのWi-Fiが突如、繋がりにくくなりました。使用している環境によって原因はさまざまあると思いますが、私なりに解決してみたので、同じような悩みを抱えている方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パソコンを1階から2階へ引っ越しをする理由

1階にはモデムとルーターが置いてあるので通信環境としては最適な場所です。しかし、普段から2階に居座る事が多い私にとっては、パソコンを使う度に1階へ行くのがすごく面倒で不便さを感じていました。すぐにでも2階へ引っ越しをしたかったのですが、広めのデスクとキャビネットがなかなか見つからないので見送りしていました。そこで思考を変えて、広めのデスクとキャビネットをDIYで自分好みに作ろうと思い、先日、完成させました。

Wi-Fiでインターネットに接続してみる

パソコンの設置が完了したので早速、Wi-Fiでインターネットに繋いでみました。なんだか動作が遅いと思いながらも、インターネット速度テストでどのぐらい出ているのかと測定してみると、速度は低速で途切れ途切れになっている状態でした。この時に使用していた無線LAN子機はバッファローのWI-U2-433DMというモデルで2013年7月ぐらいに発売した子機です。現在は販売終了品です。古いですが特に壊れているような事も無いので何が原因なのか調べてみる事にしました。

繋がらない原因

まずはモデムやルーターの設定が正しく行われているか確認をしてみました。取り扱い説明書に沿って、再設定を行いましたが改善はされません。パソコンの置き場所も変更してみましたが、ほとんど変わりはありません。1階から2階へ移動した事によってモデムやルーターとの距離が遠くなった分、壁などの障害物の影響が発生している可能性があります

TP-Link AC1900 無線LAN子機

障害物の影響が大きい事が考えられたので、それに対応する物を新しく購入しました。購入したのは TP-Link AC1900 1300+600Mbps ハイパワー デュアルバンド 無線LAN 子機 です。無線LAN子機を色々と調べてみましたが、他の無線LANと比べると値段は高めですが、改善できる物を選びたかったので これを購入しました。レビュー評価も高かったのも購入のポイントになりました。

開封して組み立ててみる

開封すると付属品は本体、ケーブルとスタンド、インストールディスク、と説明書が入ってます。組み立てはすごく簡単で、スタンドに本体を差し込むだけです。

接続して確かめてみる

接続方法はパソコン本体のUSB3.0の端子にケーブルを差し込むだけです。付属のインストールディスクを使用してドライバをインストールします。画面の指示に従い、ソフトをインストールすれば完了です。早速、速度テストで測ってみました。低速から高速になり、かなり快適になりました。我が家の環境ではこれが限界なのかも知れません。

使ってみた感想

Wi-Fiがつながらない事でかなり悩みましたが、これ1台で解決出来た事については本当に満足しています。実際に使ってみて「良かった点」と「悪かった点」を個人的な感想ですが、意見をまとめてみました。同じようにWi-Fiでお困りの場合は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

良かった点
  • デザインに高級感がある
  • スペックも最強クラスなので複数台の端末を繋いでも問題なく使える
  • 組み立ても簡単であれこれ考えずに改善できる
悪かった点
  • 本体が大きいのでスタンドを使用した場合、デスク上のスペースを取られてしまう。
  • 接続に若干の手間がある(インストールと接続設定)
Yahoo!ショッピング - PayPayボーナスがもらえる!ネット通販
Yahoo!ショッピングは幅広い品ぞろえと、最新のお買い得ネット通販情報が満載のオンラインショッピングモール。PayPay残高も使えてさらにお得!
PC next【HB】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
パソコン
スポンサーリンク
ネットオフ「タダ本」
あいぼうをフォローする
あいぼうさんBLOG

コメント