2021年 独自開催している草刈大会に参加してみた

独自開催している草刈大会に参加してみました。刈払機は扱い方を間違えると本当に危険です。
キックバックを起こしてしまうと大怪我につながる可能性があります。そもそも、キックバックって何?キックバックはなぜ起こるのか?キックバックを極力、起こさない方法も紹介したいと思います

スポンサーリンク
スポンサーリンク

草刈大会参加の背景

私が住んでいる地域には田んぼや畑がたくさんあります。一言でいうと田舎です。今日は5月の中旬頃ですが、冬から春に季節が変わり、これまで冬眠していた草が眠りから目を覚まします。私も畑や田んぼを所有しているので秋の終わりぐらいまで、年間3~4回ぐらい草刈りを行っています。毎年の事なので苦労が絶えません。草が伸びている状態であまり放置し過ぎると、近隣から苦情がきたり、トラブルの元になるので、それだけは何としても避けねばなりません。

近隣からの苦情やトラブルとは?

自分の所有する土地で苦情やトラブルが発生した場合、責任は土地の所有者にあります。草は自然に生えるものだから仕方ない。という方もいますが、所有する土地で草が生えている事なので管理責任は所有者にあります。貸地なら主に、借主が管理を行いますが、そうでない場合は自分で管理をしなければなりません。言う方も言われる方も、良い気持ちにはなりません。特に関係が悪化してしまってからでは、関係修復にも時間がかかりますので、そうならない為にも、言われる前に草刈りをしておいた方が気持ち的には楽だと思います。また、ゴミも投棄されてしまう可能性も高くなります。普段から定期的に管理をしていれば、管理されている土地なんだと周りにもアピールできますが、荒地になってしまうと、管理がされていないとみなされ、ゴミを投棄されやすくなります。こうなってしまうと、元に戻す事はかなり困難になってしまうので、可能な限り、適切な管理が必要になります。やはり、草刈りを必然的にやらなくてはなりません。そこで、草刈大会に参加してみようと思います。

近隣からの苦情やトラブルとは?
  • 道路に草がはみ出し、通行の妨げになり苦情がくる
  • ゴミを投棄される (車のタイヤや布団を捨てられてた事も)
  • 犬の散歩で糞を置き去りにされる

草刈大会

f:id:waibou:20210526173609j:plain

当日は軽トラに刈払機一式と保護具を積んで会場へ向かいました。会場に着くと、すでにエントリーされた方が、着々と準備を始めていました。今回は、乗用車の方と軽トラで来られた2名の方がエントリーしています。私の所有する畑は背丈の長い草が生えてます。まだ道路には、はみ出していない事が幸いです。保護具は手袋とフェイスシールド、安全靴(長靴)を着用します。安全に草刈をおこなう為には最低限、必要です。草を刈った時に刈り取った草や砂、小石などが自分に向かって飛んでくるので、すね当てもあると良いです。また、刈り始める時は必ず周囲に人がいない事を確認します。少なくとも刃物を扱うので、たとえ1人でも、必ず確認するようにして下さい。草刈で気おつけなければならないのがキックバックです。そうそう起こる事ではありませんが、刈払機の扱いには注意が必要です。

こちらも参考になります!
「農作業安全ポイント 刈払機」

引用元:http://www.naro.affrc.go.jp/org/brain/anzenweb/point/point_htm/point_htm_bru.htm

キックバックとは?

キックバックを起こした場合、刈刃が周囲の人に当たったり、体制を崩して刈刃が自分の体に接触する可能性もあります。刈払機で往復刈をする方がいますが、これは間違いです。キックバックを起こす原因になります。キックバックを極力、起こさないようにするには、必ず刈刃の左側だけを使用して刈る事です。

キックバックとは?

キックバックとは刈刃は反時計回りに回転していますが刈刃の右側が固い物に当たった場合、刈刃の回転の影響により、右方向に大きく跳ね上げられるように動く事です。

こちらで詳しく解説しています!
「キックバックに注意!」

引用元:http://www.naro.affrc.go.jp/org/brain/anzenweb/poster/poster_A4/poster_20.pdf

草刈大会が終わって

f:id:waibou:20210526182912j:plain

地面に大きな石などが埋まっていた所もありましたが、キックバックを起こさないように刈刃の左側で注意を払いながら刈り終えました。これで苦情やクレームも当分はありません。刈払機は扱いがそんなに難しくはないので、すぐに扱いに慣れてしまいます。慣れてくると自分流に刈り方を決めてしまう方も多くいますが、大抵は往復刈になります。私も最初は往復刈で刈るものだと思っていたのですが、刈払機の説明書を読んですぐに、間違っている事に気がつきました。刈払機の説明書にも記載されているとは思いますが、基本は左側だけで刈るです。キックバックを極力、起こさないようにするには、必ず刈刃の左側だけを使用して刈るようにして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフスタイル
スポンサーリンク
ネットオフ「タダ本」
あいぼうをフォローする
あいぼうさんBLOG

コメント