【ゲーミングチェア】実際に試座して解った エーケーレーシングを選ぶ理由

スポンサーリンク

一昔前は「ゲーミングチェアー」と聞くと、ゲームをプレイするための椅子でしたが、現在ではオフィスワークや在宅ワークでも人気があります。

私もデスクワークをするために、1年ぐらい前に10,000円ぐらいのゲーミングチェアーを購入しました。

最初は座れれば良かったので、値段の高い椅子はいらないと思っていたのですが、実際に1日平均で6~8時間ぐらい座り続けていると、いろいろな不具合が出てきたので、買い替えをすることにしました。

そこで、買い替え候補に挙げたのは「AKRacing(エーケーレーシング) 」と「DXRacer(デラックスレーサー)」でしたが、結論から言うと購入したのは「AKRacing(エーケーレーシング)WOLF」です。

今回は「AKRacing(エーケーレーシング)WOLF」を選んだ理由と、組立手順、買い替え前のゲーミングチェアーはどんな不具合が起きたのかを紹介します。

目次

AKRacing(エーケーレーシング)WOLF を選んだ理由

ファブリック素材で蒸れにくいゲーミングチェアーを探していたので、数多くあるブランドの中から「AKRacing(エーケーレーシング) 」と「DXRacer(デラックスレーサー)」を購入候補に挙げていました。

下記のことを念頭においていました。

  • 安い椅子を買って失敗したくない
  • ファブリック素材の商品がある
  • 保証期間がきちんとある
  • レビュー数が多く上がっている
  • 信頼と実績があるブランド

この2つのブランドは、いわばトップブランドですが、当時は見たことも、座ったこともないので、まずは仕様を比較してみることにします。

下の表は「エーケーレーシング WOLF」と「デラックスレーサー フォーミュラDXR 」の仕様を並べたものです。

どちらもファブリック素材のゲーミングチェアーです。

エーケーレーシング 
WOLF
デラックスレーサー
フォーミュラDXR
椅子の高さ124~131cm120~129cm
座面幅39cm38cm
座面奥行54cm44cm
座面の厚さ10cm10cm
座面高さの調節幅33~40cm41~51cm
アームレストの高さ調整幅28 – 35cm27~35cm
背もたれ高さ91cm90cm
リクライニング角度最大180度最大150度
荷重制限150Kg90Kg
キャスターポリウレタン製ウレタン製
重量約25Kg約23Kg
保証期間3年1年
価格¥44,800(税込み)¥29,800(税込み)
比較表

※現在「デラックスレーサー フォーミュラDXR 」は廃盤になっており、NEWモデル「デラックスレーサー フォーミュラDXR V2 」が発売されています。

仕様を並べただけではよく解らないので、それぞれの特徴をまとめてみます。

エーケーレーシング 
WOLF
デラックスレーサー
フォーミュラDXR
サイズ感大きめ標準
リクライニング最大180度最大150度
耐荷重150Kg90Kg
保証期間3年1年
価格¥44,800
(税込み)
¥29,800
(税込み)
比較表

AKRacing(エーケーレーシング)は、2022年4月1日に値上げが公表されました。

体の大きい方は「エーケーレーシング WOLF 」、標準の方は「デラックスレーサーフォーミュラDXR」に分けることができます。

リクライニングや耐荷重、保証期間は「エーケーレーシング WOLF 」に軍配が上がりますが、値段は15,000円ぐらい高くなります。

ほとんどの方が、素材の感触や座り心地を重視していますので、仕様だけで判断せず、実際に実物を見て、試座することが重要です。

(左)デラックスレーサーフォーミュラDXR
(右)エーケーレーシング WOLF

ということで、最寄りの家具量販店に行ってみると、どちらも特設コーナーに並ぶように置いてありました。

実物が並んでいるのを見ると、テンションがあがります。

ここからは、私が実際に2つのゲーミングチェアーに座ってみた感想です。

エーケーレーシング 
WOLF
デラックスレーサー
フォーミュラDXR
素材の感触良い良い
座部の奥行き広い狭い
座り心地柔らかい硬い
肘掛けの高さ普通低い
フィット感普通抜群
キャスターの滑らかさ良い良い
比較表

どこまで体を預けられるか、背もたれや座面の固さ、両腕を肘掛けに置いた時のフィット感など、さまざまなことを試してみました。

私の場合は、座面が柔らかく奥行がある方が好みだったので「エーケーレーシング WOLF」の購入を即決しました。

お財布は痛いですが、毎日、座る椅子なので、私と同じようにゲーミングチェアーの購入を考えている方は、必ず試座した方が良いです。

特に「AKRacing(エーケーレーシング) 」の場合は、種類が豊富なので購入前に試座することで、違いを感じることができるかと思います。

実際に組み立ててみる

ここでは、実際に付属の「組み立てマニュアル」を参考にしながら組み立てた手順です。

外装箱はかなり大きいです。

縦に長いので、組み立て方を見たい方は下のアコーディオンを開いてみて下さい。

組み立ててみた感想はこちら!

組み立て時間は、1人作業で約60分程度かかりました。

部品の欠品やネジ穴がズレている事も一切なく、思ったよりもスムーズに組み立てられます。

キャスターベースにキャスターをはめ込む時が、少し硬かったぐらいです。

付属の「組み立てマニュアル」もフルカラーでとても見やすいです。

安全に組立を行うためにも、2人作業が推奨です。

組立後の特有のニオイは感じませんでした。

気になる事

組立後に気になったことは、座面の両サイドにポケットのような隙間があるので、ゴミが溜まる懸念があります。

こればかりは、作り上の問題なのでどうしようもないですが、マメに掃除をすれば気にならないかと思います。

ここで気付いたのですが、座面の両サイドの隙間から座面を押してみると、しっかりとした座面だという事が解ります。

今まで座っていた椅子の不具合

最後になりますが、今まで座っていた10,000円ぐらいのゲーミングチェアーは、どんな不具合が起きたのか。

このゲーミングチェアーは、あまりお金はかけたくないけど、それなりの物が欲しいと思い、試座することも、実物を見ることもなく、完全に見た目と値段だけで購入しました。

購入してから約1年間、使用しましたが、下記のような不具合が起きました。

  • 180度リクライニングできない
  • 購入から半年後、座面のクッション性が無くなる
  • ネジが緩んでいないのにひじ掛けが外側に傾く
  • PUレザー素材で、夏場に蒸れる

お尻や腰が痛くなってしまうことも多く、見た目と値段だけで購入したことを完全に後悔しました。

値段が安い物が悪いということではなく、耐久性や経年によるヘタリなどは、使ってみないとわからないのが現状です。

スポンサーリンク

購入する時は、必ず試座しよう!

ゲーミングチェアーは数多く存在しますが、ネット通販で売られているほとんどの物は、店舗には置いてありません。

店舗に置いてあるのは、ブランド力の強い製品や人気のある製品ばかりです。

試座することができれば、自分に合ったゲーミングチェアーを見つけやすくなるので、購入を検討されている方は、必ず試座することを強くオススメします。

試座できないゲーミングチェアーの場合は、口コミくらいしか情報がないので、よく考えてから購入した方が良いでしょう。

「試座できるゲーミングチェアーを購入する」という選び方が、1番よい選び方かもしれません。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次